医療関係情報のMedinfo(メディンフォ)  > 介護情報 > 介護事業の地域密着型サービス

介護事業の地域密着型サービス

    

地域密着型サービス、地域密着型サービスは、認知症やひとり暮らしの高齢者が住みなれた地域で暮らしながら、   介護を受けることのできるサービスです。

地域密着型サービスには次の種類があります。

    
小規模多機能型居宅介護 通所を中心に、「訪問」や「泊まり」のサービスを組み合わせ、多機能な介護サービスをおこなう。
夜間対応型訪問介護 24時間安心して暮らせるよう、巡回や通報システムによる夜間専用の訪問介護サービスをおこなう。
認知症対応型通所介護 認知症の高齢者が、デイサービスを行う施設で、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスをおこなう。
認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム) 認知症の高齢者が、共同生活をする住居で、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスをおこなう。
地域密着型特定施設入居者生活介護 有料老人ホームなどの特定施設のうち、入所定員が30人未満の小規模な介護専用型特定施設に入所する人に対し、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスをおこなう。
地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護 入所定員が30人未満の小規模な介護老人福祉施設に入所する人に対し、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスをおこなう。